Company
会社概要
Company
会社概要
久茂地都市開発株式会社
代表取締役社長

我那覇 学

私たちは、 パレットくもじという メディアを通じて、 地域の元気を 創造しています。
私たちは、 パレットくもじという メディアを通じて、 地域元気創造しています。
久茂地都市開発は、リウボウグループの母体であるデパートリウボウが入居する「パレットくもじ」を管理する不動産管理会社として1989年8月に産声をあげております。当時は県内初の再開発事業、初の複合商業施設として第三セクター方式にて誕生し、施設の維持管理(BM事業)に努めてまいりましたが、時代のニーズや社会環境の変化から沖縄県・那覇市の株式をリウボウグループが取得し、民間の再開発ビル管理会社として2013年に新しいスタートを切りました。 私たちは現在、これまでのBM事業からの脱却を図り、リウボウグループのホームグラウンドである久茂地地域の開発や活性化に取り組める事業会社でありたいと変革を続け、新しいビジネスチャンスを模索し、変革に挑戦しながら力強い成長をめざしてまいります。 2020年11月には県内初として「道路協力団体制度」の認定を那覇市より受け、パレットくもじ前交通広場に県内最大級の屋外型イベント会場である「パレットくもじ大屋根(UFURUFU)」の建設を内閣府補助金(沖縄振興特定事業推進費)の採択を受けて2022年4月1日に完成させました。 私たちはこれからもパレットくもじや大屋根(UFURUFU)下の広場を活用しながらコロナ禍で疲弊した地域の活性化、元気を創造してまいります。リウボウグループの一員としてたゆまぬ挑戦と進化を続ける久茂地都市開発に、どうぞご期待ください。
私たち久茂地都市開発は、 パレットくもじの管理・運営を通して、 地域のブランディング、 持続可能な生活環境の創造に関わり続けたい、 と考えています。
私たち久茂地都市開発は、 パレットくもじの管理・運営を通して、 地域のブランディング持続可能生活環境創造に関わり続けたい、 と考えています。
会社概要
会社名
久茂地都市開発株式会社 (英語表記)kumoji Development Co.,Ltd. Corporation
所在地
〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地1丁目1番1号
資本金
4億8千5百万円
株主構成
24名
設立
平成元年(1989)年8月3日
役員
代表取締役社長 我那覇 学 常勤役員1名
従業員
9名
主な事業
1) 土地、建物の売買及び賃貸借 2) 土地、建物の管理、運営 3) 駐車場の管理運営及び賃貸借 4) 店舗の販売促進に関する企画、調査、研究及び指導等 5) 損害保険代理業務
建築概要
用途
百貨店、店舗、事務所、市民劇場、ギャラリー、博物館
用途地域
商業地域、防災地域、度利用地区
規模・構造
鉄筋コンクリート構造 地下2階、地上9階、10階屋上(スカイガーデン)
敷地面積
8,235m²
建築面積
6,584m²
延べ面積
55,670m²
建ぺい率
100%
容積率
600%(平成5年4月650%に見直し)
最高の高さ
51.92m
軒高
44.92m
地下駐車場
127台(一般駐車65台)
核店舗
デパートリウボウ
管理組合
権利変換方式で建設されたパレットくもじビルと、その敷地並びに、附属設備及び附属工作物の管理を行うために区分所有者全員(40名)を構成メンバーとした「パレットくもじ管理組合」があります。
沿革
1989年8月
久茂地都市開発株式会社 設立。
1991年4月
当時、県内初となる再開発事業、複合商業施設として第三セクター方式で「パレットくもじ」誕生。
2003年8月
沖縄都市モノレール「県庁前」駅と直結し、利便性が向上。
2005年4月
パレットくもじ10階に、屋上庭園「パレットスカイガーデン」オープン。
2006年7月
那覇市歴史博物館オープン。
2013年3月
那覇市所有の株式をリウボウグループが取得。
2014年3月
沖縄県所有の株式をリウボウグループが取得。民間の再開発ビル管理会社として新たなスタートを切る。
2020年11月
那覇市より那覇市道路協力団体第一号として任命。県内初の道路協力団体 となる。
2021年11月
パレットくもじ前交通広場 大屋根建設着工
2022年4月
パレットくもじ前交通広場 大屋根(UFURUFU)完成/公式webサイトリニューアル